37.5度の涙という漫画を最近見つけました。この漫画を読んでいたら自然と涙がこぼれてしまいました。普段涙腺は弱いほうなので泣くことは多いのですがその中でも37.5度の涙はかなり泣けてしまいました。。。37.5度の涙漫画きっと主人公桃子の奮闘ぶりと自分の仕事の大変さを重ねてしまったからだと思います。そうなると勝手に涙が流れるのです。涙というのは自然と流れてくるものですが37.5度の涙では桃子が大変だということで感極まってしまいました。病児保育士という職業についている桃子。私は看護師をしています。なので病児保育士と同じく病気の人間を相手位にするということは同じです。病児保育士はその対する人間が子供名だけで本質的には変わらないと思います。なので感動したんだと思います。
世の中にはいろいろな仕事があるのだなという思いを37.5度の涙を読んで思いました。普段漫画はあまり読まないタイプなので37.5度の涙は新鮮でした。なぜ私が37.5度の涙を漫画で読んだかというとネットのまんが王国で37.5度の涙が人気になっていたからです。その人気ぶりを見て久しぶりにまんがでも読んでみるかという思いになったのです。
そういった思いが湧き上がってきたので今回ついでに37.5度の涙の感想でも書いておきたいと思いました。漫画の感想はおもしろいですね。

▼無料立ち読みはこちら▼

>>PCの方はこちらから<<

本編は1話80ptで購入可能です!